読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフォートケアシステム株式会社社長のブログ

エフォートケアシステム株式会社社長のブログです

コラム

私が結婚式に選んだ歌

6年前の2011年3月26日。僕は結婚した。 彼女は最後まで結婚式を挙げることに反対していた。理由は、恥ずかしいから。 僕の妻は恥ずかしがり屋である。 だが、今は社協で地域づくりを推進するために、地域住民に向けて話をしたりレクリエーションをしたりして…

大阪研修に行って感じたこと

飛行機で大阪へ。僕は先週末に講師ではなく受講生として研修会に参加した。 最近は講師側の仕事ばかりしていたので、受講するのはとても新鮮な感覚だ。実はといえば、今回参加した研修会は介護福祉業界ではなく、どちらかといえばITやマーケティングに関す…

クラウド会計ソフトで税理士・公認会計士がいらなくなる時代は介護業界も同じ?

先日、クラウド会計ソフトのfreeeで確定申告を行ったという話をしました。 そこで、僕はfreeeを実際に使用して、最先端のITサービスの進化を実感した。 普通、会社の会計帳簿の記帳方法に疑問がある場合や、申告漏れが無いかといった、日常で業務を行う上で…

コピー機が壊れた以上に壊れた接客を受けた。

3月3日。それは女の子の節句。 うちの娘にお祝いがてら何か食べたいものはない?と聞いたら「麺」との返答。 「ラーメン、ちゃんぽん、うどん、そばならどれがいい?」 「ラーメン」 よし。それなら食べログの佐世保ラーメンランキングナンバーワンの「○龍…

あなたがいなくても回るシステムを作るためにあなたはいる

僕は25歳くらいの時に成功するにはどうすればいいのか自分なりに勉強した。 速読、セルフコントロール、瞑想、ヨガ、成功哲学、マーケティング。 なぜ勉強したのかというと理由はわからないと言いたいのだが、正直な所、現状に満足していなかったからだと思…

提案書の書き方。これできないと社会人失格ですね。

自分の理想(ほとんどが社会常識上で正しいと思われていると自分が思っているもの)と現実が違う場合、あなたはどうしていますか? 例えば、接客業をしていたとして、業務が忙しいということで、客に挨拶をしなかったり、不機嫌な態度で接客をしている先輩が…

地域包括支援センターの所長の肩書がなくなった結果

僕は32歳という比較的若い時期に地域包括支援センターの所長になった。 所長になった途端、これまで話をするときに足を組み腕を組み、上から目線で一方的に高圧的に話しかけていた人が、低頭平身になり、両手を「すりすり」する様に変貌するという奇跡を数件…

僕は昔ながらの助け合い社会を知らない

高齢者の支え手が減っている。 そんなのは皆さん知っていますよね? 2015年は65歳以上の高齢者1人を現役世代である 18~64歳の人口2.1人で支えていると言われています。 え、そんなことはわかっている? まあまあ、そういわずに聞いてくださいよ。 では、そ…

実は、世の中は豊かになり続けているという真実

将来は高齢者が増えて支え手が減り、自分自身の年金ももらえない時代が来て、一億人下流社会になってしまう。 給料のベースアップはなくなり、社会保険料は上がり続け、税金も増え続ける。 暗い未来しか描けない。。。 昔の方が豊かだった。。。 とよく嘆く…

正義の名のもとに戦ってよい相手とは?

僕は正義という言葉を聞くと違和感といやな予感を感じる。 どうせその正義の先には、正義を大義名分にした戦いが待ち構えており、どちらかが多少なりに傷つく、もしくは両方とも何かしらのダメージを受けることが想定できるからだ。 正義の為に悪を正そうと…

熱いハート、そんな心があれば女の子は誰だってプリキュアになれるのよ

僕には4歳になる娘がいる。 彼女は3歳になってからアンパンマンを卒業した。それを感じたときはGEOに行った時のことだ。「好きなDVD選んでいいよ」と僕が彼女にいつものように選択するという行為を促した時の事。 彼女はおもむろにプリキュアを指さし「これ…

アドラー的に特別になれなかった人

嫌われる勇気でアドラー心理学がドラマで放送されて話題になっていますね。 私自身、ドラマは見ていませんが、知人からアドラー心理学について非常に心に刺さったようなことを以前聞いたのを思い出しました。 「成冨くん。人間って誰しもほとんどの人が特別…

仕事優先で歳上でも呼び捨てでよび、侮辱しても許された時代

僕は17歳の高校の頃の夏休み。 お弁当屋さんでバイトをしていた。 理由は特に何の考えもなしに、父親がお弁当屋のマネージャー職みたいなのをしていたので、将来的に自分も同じ仕事をしようかな、と浅はかな考えから「試しにバイトやってみっか!」くらいの…

僕が先輩から毛嫌いされた理由

「結局、どうするのか答えが出てないじゃないですか」 その僕の言葉で、業務終了後に緊急で開かれた会議が凍りついた。 内容は、利用者が他の利用者に嫌がらせをしているので、どうすればいいか?というものだったと思う。 会議をする際に、おのおのが自由に…

僕がポジティブで建設的な発言をする理由

僕はどちらかというと温厚な人間だと思う。 肉食系か草食系のどちらかといえば、圧倒的に草食系だと自覚している。 最近はなぜか「熱い男」と言われる事があるが、う~んどうなんだろうと思う。 そんなだから、言いたいことの半分くらいは言えていないと思う…

地縁団体のメンバーが集まる会議で専門職が行なうと良いこと。

市町村、行政、社会福祉法人の職員の方で地縁団体のメンバーが集まる会議に行く事があると思うが、どういう気持ちで行っているのだろうか。 私もよく参加させてもらった。そこで数多くの有益な情報を得ることができたし、新しい繋がりが出来て一歩ずつ信頼関…

2025年までに地域包括ケアを作れない担当者は住民に比較弾劾されるかもしれない。地域包括ケア見える化システム!

新しい総合事業が創設され、取組みを開始しているところもあれば「これからどのように舵を切ればいいのか・・・」と悩んでいる市町村が多いかと思います。 私自身、総合事業の最終的な目的はできる限り軽度の方(現在の要支援レベル)は住民同士の支え合い、…

認知症キャラバンメイト初心者用の教育コンテンツを作ろうかな。

認知症キャラバンメイトは知ってますか? 認知症サポーターを養成する講師役の人のことです。 認知症サポーター養成講座は平成17年から開始し、当初は全国で100万人のサポーターを養成することを目的に活動をしていましたが、何ともあっさり平成21年には…

介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切るヤフーニュースを見た感想

朝起きると共にスマホをチェックする。 昨日寝た後に入ったメールのチェックと今日のニュース確認。 珍しいことに、ヤフーニュースに介護福祉士のキーワードが。 タイトルは「介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る」 このニュースは僕に何を伝えたい…

にほんブログ村の福祉・介護情報 人気ランキングで1位になる方法

ブログランキング。 インターネットでサイトや動画作成については長けている方だと思っている。 だが、ブログは上記のものとは違うと思っている。 例えば僕が現在管理人をしている「地域包括ケアシステム.net」 ↓ xn--cck3ati9d4h506v47g9qbl24d.net 生活支…

新しい仕事を学ぶ時、メモを取り仕組みを体系化する

新しい仕事を学ぶ時にメモを取る。 どんなに小さなことでもメモを取る。 「これくらい、次にやっている時に自然に思い出すさ」 そんな事でもメモを取る。 僕は平凡な脳しか持っていないと自覚しているし 何か人に比べると秀でた、いわゆる「天才」のような …

日本老年学会が准高齢者提言!75歳以上じゃないと高齢者になれない未来の弊害とは

昨年末に内閣府が高齢者の定義を70歳以上に引き上げ、同時に定年延長で介護サービスや医療の負担変更を検討しているというニュースがありました。 そして、今年の1月5日に日本老年学会が高齢者の定義を75歳以上に変更するよう提言を行なったという事で、年…

松下幸之助名言「成功する人が備えていなければならないもの」

リーダー。 先陣を切って道なき道を切り開く者。 リーダー。 落ち着きとカリスマ性を持った偉人。 リーダー。 私には敷居が高い、いわゆる世間で言う成功者。 あなたはリーダーになりたいですかって聞いたら、 10中8、9は「なりたくない」という。 だって自…

武田鉄矢今朝の三枚おろし「ナウシカじいさん」に学ぼう。

僕は一日に数回気分転換を行っている。 その中の一つで最も最近気に入っているのが「武田鉄也今日の三枚おろし」 武田鉄也さんが平日の朝に一般書籍を読み解いた考察や感想を語る番組だ。 武田さんといえば、思いつくのは「金八先生」や「101回目のプロポ…

【何奴】黒い封筒が自宅に投げ込まれた

法人登記も無事に終わった。 あとは、税務署への提出書類だけか。 年明けからセミナーや法人化の手続きで めまぐるしかった日々だが、ひと段落した。 そんな区切りを感じた夕方。 私は驚いた。それはいつものことだが、突然にやってくる。 「バサリッ!」 私…

不安を解消していたら何故か起業してしまった!

「このままでいいのかな・・・」 ふと考えることってないですか? よほど、今の人生に納得している時 もしくは、忙しすぎて人生を考える 余裕もない方は考えないと思います。 今回は、仕事をしていて、 ある程度現在の仕事にも慣れて 自分の10年、20年先や …

めんたいこ工場の派遣労働で学んだこと

コンビニにある明太子を見ると今でも 手先の温度感覚がなくなります。 そして、あの時代には戻りたくない・・・ と今のビジネスを頑張ろう!と奮い立つ 気持ちになります。 という訳で、私が最初の就職先を辞めて 1年くらい法律関係の国家資格へ独学で チャ…

倒産!?介護保険バブル意識を捨てれないと生き残れない介護サービス事業所

「今後、高齢者は増え続ける」という時代の予測から、民間事業所も参入可能になった介護保険サービス。 介護保険開始当初から介護サービス事業運営を行った事業所は、まさに濡れての泡状態でした。 訪問介護、通所介護、ショートステイ、グループホーム、小…

ランキング参加中!
クリック応援お願いします。


公共・医療・福祉業 ブログランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ
にほんブログ村